iOS13でステータスバー(StatusBar)の色を変更する方法【Swift/Objective-C】

今回はXcode11のiOS13でステータスバー(StatusBar)の色を変更する方法をご紹介します。

色の変更方法は色々ありますが今回は設定や1行で簡単に変更できるやり方をご紹介します。

iOS13でステータスバー(StatusBar)の色を変更する方法

設定で変更する

TARGET > General > Deployment Info > Status Bar Style

を変更することでステータスバーの色を簡単に変更できます。

Default デフォルト(ライトモード、ダークモードによって自動で切り替わる)
Dark Content 文字を黒色で固定
Light Content 文字を白色で固定

DefaultはiOS13から追加されたダークモードに対応した設定になります。

設定 > 画面表示と明るさ > 外観モードでライト・ダークの設定によって自動で色が変化するようになっています。

DarkContentは文字が黒色で固定されます。

ダークモード用に用意されているようにも思えますが違うので注意が必要です。

LightContentは文字が白色で固定されます。

Swift5

Objective-C

プログラムで変更する場合はUIApplicationの設定をいじればいいだけなので1行でできます。

またプログラムで変更する場合はViewControllerごとにステータスバーを変更するようにすることもできるので設定で変更するよりもカスタマイズ性はあがります。

関連記事